2011年5月16日月曜日

馬毛島に米軍基地?

2005年能野ビーチから見た馬毛島

馬毛島は、サーフィンで有名な種子島の西に浮かぶ自然豊かな無人島。
(中島修一氏著「ガベージファクトリー」で環境破壊される問題の島)

現実問題、複雑かつ怪しい経緯を経て、開発会社の所有する島。

過去には核処理の場所の候補地になったことも。

そこに米軍基地を移転の案があるらしい。


種子島に行ったとき、能野ビーチで見た馬毛島の横に沈む夕日が綺麗だったことを思い出した。

2005年種子島サーフトリップ
http://www.surfing753.com/diary/200509tanegashima.shtml

経済効果や過疎化問題、利権がうごめくのだろうが、豊かな自然を壊さないで欲しい。


(毎日新聞から引用)
政府は15日、在日米軍再編で米軍厚木基地(神奈川県)から米軍岩国基地(山口県)への空母艦載機部隊の移転に伴い、陸上空母離着陸訓練(FCLP)を鹿児島県・馬毛島(まげしま)(西之表市)で行う方向で調整に入った。将来的には、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の航空機の訓練の一部を同島に移転することも視野に入れている。

 6月下旬にも開く外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)での確認を目指す。ただ、「関係自治体との交渉はまったくできていない」(防衛省幹部)のが実情で、地元から反発が出る可能性が強い。

 米軍は現在、FCLPを東京・硫黄島で行っている。06年の「再編実施のための日米ロードマップ」は、FCLPの実施場所を「09年7月またはその後のできるだけ早い時期に選定する」とし、馬毛島や広島県・大黒神島が検討されたが、深刻な騒音被害をもたらす夜間発着訓練(NLP)を含むため、地元の反対で頓挫していた。

 防衛省関係者によると、今回の提案では自衛隊が施設を管理し米軍と共同使用する。地元の窓口を自衛隊にすることで、反発を緩和できないか検討している。

 馬毛島は鹿児島県・種子島の西約12キロにある無人島。鳩山前政権では、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の訓練移設先候補になった。同島のほぼ全域を所有する開発会社の社長が昨年11月、法人税法違反(脱税)の罪で起訴されている。【坂口裕彦、井本義親】

0 件のコメント:

コメントを投稿