2013年7月13日土曜日

サーフ&キャンプ 四国東部 1日目

3連休!

台風7号の波で、磯ノ浦にも波がありそうだし、夏のキャンプは暑いので、
 
悩みましたが、せっかくの連休なんで、サーフ&キャンプに行くことに!

台風7号は沖縄近海をシナ海を通り北上。うねりの方向は南西です。

普段必ず波チェックするサーフポイントIは、
一目で波があるのがわかったので、そのままスルー。




そしてサーフポイントOに9時に到着。

まずはサイトを設営して、





タツキ~とパドルアウト。

サイドオフの風が強く、いいコンデョションとは言えないが


コシハラ程度で、そこそこ楽しめました。

波のトップがダラ~っと感じに崩れる波なんで、

テイクオフが遅れ気味なタツキ~でも巻かれることなく、テイクオフできて、

ショルダーを走って調子が良さそうです。

「そろそろ上がろうか?ラスト1本なぁ!」


とタツキ~に言ってて、そのラスト1本で事故が起こりました。

インサイドを見ると、タツキ~とロングボーダーが...


混雑していないんで、最初は、軽く何事もないと思ったのですが、不穏な空気が...

ロングボードがタツキ~の頬に当たったらしく、頬が腫れている。
  とりあえずビーチへ。

ビーチに上がりよく見ると、数分前よりさらに腫れている。


プルアウトした後に当たったらしいが、ロングボードのノーズ横はクラッシュしているし、


衝撃の強さに、ゾッとしました。

準備良くかおちゃんが瞬間保冷剤を持てきていて、
即、冷やして、急いで土佐清水の病院へ。

保冷剤の効果なのか、頬の腫れも引いてきたような感じがする。

念のため、CTスキャン撮ることに。


3D化された骸骨や断面図で診てもらい、骨折もヒビもないみたい。


とりあえずホッっとしました。


眼や頭に当たっていなくて本当に良かった。


ケガをしたけど、この程度で済んで幸運ですね。


サーフィンは危険!
ケガをしないように、させないように気を付けないといけないですね。

そして、ロングボーダーの方は、病院までついてきて、大人的なきちんと対応してくれました。


 

ややこしい輩的なサーファーじゃなくてよかった。

海に戻って、タツキ~は頬が痛いなりに遊べそうなんで、ハルクと一緒に磯遊び。

小魚が泳いでいて、夏の磯って感じです。

そこでも、タツキ~は転んで、手を切って


川でも岩を踏んで、足の裏を切って、怪我の連続...


夕方サーフィンですが、タツキ~は、怪我が続くので、サーフィンは安全を取って

俺一人のサーフィンタイム。

中央あたりが波が良さそう。

 
しかし、根こそぎ7,7人のロングに乗って行かれるので...乗れる波が残っていない...

すこし奥は、たま~にいセットが入ってるように見えたんで移動するが

移動すると、その幻のセットは、入ってこず...

ちょこっと乗れた程度でした。ッが、綺麗な海でサーフィンは気持ちよかった~。



イカおかわり!

キャンプ場は、夜風は心地よく、虫もすくなくタープに中でも十分寝れそう。

しかし、夜遅くまで盛り上がってる若者グループが騒いでうるさかった。

うるさくて寝られへんっと思ってたが、知らない間に寝てました。


0 件のコメント:

コメントを投稿