2014年8月31日日曜日

憲法第9条

沖縄に行ってみて...




まじめな話、

米軍基地があり、悲惨な戦争の過去があり、いやおうなく平和について、考えさせられました。


そんなこともあり、憲法第9条について少し勉強してみました。

〔戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認〕

第9条
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法第9条に謳っているのは「戦争放棄」

「戦争はやってはいけないよ!」ってこと。



そして、憲法とは?

国の最高法規...

簡単に言うと、国民が守るべきルールが「法律」

国が守るべきルールが「憲法」、つまり政治家や役人が守るべきルール。


憲法解釈でやろうとしている「集団的自衛権」

やっぱり、ルール違反。


勝手な解釈しちゃやっぱりアカン!!!

時の権力者が、勝手な解釈しては何のための憲法やねん!!!


いったいどうなることやら...


これを変えれるのは手段は、

選挙に行って投票することです!

0 件のコメント:

コメントを投稿